麻さん・ちら子さん、および、彼らの事実無根のツイート内容に同調したツイッターアカウントオーナーに対する民事・刑事訴訟を見据えた弊社担当弁護士との第1回打合せ内容の議事録およびエビデンス

麻さん・ちら子さん、およびその周辺の方による、もずさん、および、私に対する一連のツイッター等の投稿内容に関して、侮辱罪・名誉棄損罪・傷害罪の立件の観点から、弊社の担当弁護士と打ち合わせを実施。

弁護士の指導のもと、以下、私の意思表示をさせて頂きます。

麻さん・ちら子さんはじめ、彼らを起点する複数のアカウントにより、『もずさん』と『私』が別人にもかかわらず、一方的に同一人物と見立てた事実と異なる情報や、 『腐るきっかけ』『ゲイップル』などと揶揄するなど、嫌味の伴う形でツイッター上で流布・拡散されております。

事実無根かつ不本意ゆえ、麻さん・ちら子さん、および、彼らによる事実無根のツイートに同調・流布した全てのフォロワーアカウントオーナーに対し、それぞれのフォロワーさんに周知される形で謝罪・撤回を希望します

本日の担当弁護士との打合せ議事録を、以下共有いたします。

■第1回 担当弁護士との打ち合わせ

  • 2021年7月15日(木)14:55~15:25
  • 担当弁護士:鈴木伸司(登録番号58617・埼玉弁護士会)
  • 弊社参加者:金子恵三
  • 打合せ場所:埼玉県春日部市内

(1)弁護士への提供資料

弁護士への提出資料1
弁護士への提出資料2
弁護士への提出資料3

(2)相談内容抜粋

  • 現在、散見・放置されている一連の当該投稿を今後も続けた場合、『侮辱罪』『名誉棄損罪』『障害罪』に抵触する可能性あり。
  • 犯罪容疑が固まり次第、 弁護士との連携のもと、速やかに民事・刑事の両面で訴訟を起こす方向を確認。

(1)侮辱罪

  • 『マジでけいぞう狂ってる』『ケーゾーすぎてキモい』『けいぞうゲイップル』など、明らかに侮辱する表現を、今後も、第三者がいつでも閲覧できる状態で投稿しつづけ、悪質な表現にエスカレートする場合、侮辱罪に抵触する可能性があります。
  • 2021年7月16日、ちら子さん(ツイッターアカウント@tira_tirarin)に対し、以下のつぶやき内容に対する謝罪撤回を希望する当文面を2021年7月16日に共有したものの、音沙汰なし。その後も、けいぞうを想定したと思われる攻撃的な内容のつぶやきを繰り返し投稿し続けている状況。
証拠画像
証拠画像
証拠画像(2021.07.16投稿) ※当該アカウントから削除済
証拠画像(2021年7月16日)
証拠画像(2021年7月16日)
証拠画像1
証拠画像2

(2)名誉棄損罪

  • もずさんとけいぞうが別人物であるにもかかわらず、『#自作自演』『モズはケーゾーで100パー確定』など、一方的に事実無根の嫌味の伴う情報を長期的、かつ、強い表現(言葉の表現、リツイートの影響範囲等)が行われる場合、名誉棄損罪に抵触する可能性があります。
証拠画像
証拠画像1

(3)傷害罪

  • (1)(2)により、もずさん、または、けいぞうおよびそれらの家族に病気疾患等の健康被害が発生し、それが医師による診断書、および、日々の記録等により立証された場合、傷害罪に抵触する可能性があります。

また、(1)~(3)は、今後、訴訟に発展した場合、麻さんご本人はもちろん、訴訟事由に抵触するつぶやきを『リツイートした人』も、訴訟対象になります。これまで当方で発見した該当ツイート・リツイート等のエビデンスは画像データとして記録済です。

謝罪に応じるか否かについて、私から麻さん、および、麻さんの事実無根のツイートをリツイートしたアカウントオーナーに強要するものではありません。

担当弁護士の相談のもと、法的対処におけるエビデンスの記録の一環として『意思表示の証拠』を残す目的で、このような形でお伝えしております。

今後もTwitterはじめ、各種WEBメディア、メルマガ、公の場においてこのような表現を続ける場合、民事・刑事の両面で訴訟を起こしますので、予めご承知おき下さい。