【実話】1日1ページ毎日紙の手帳に目標を書いたら月利1000万を達成した話。

PPCアフィリエイト
記事を書いている人

金子恵三(かねこけいぞう) 株式会社けいぞう 代表取締役1976年12月生まれ、埼玉育ち。16年間で様々な副業を経験、アフィリエイトが軌道に乗り40歳の誕生日に計画的に独立。現在5期目で無借金・黒字経営。従業員なし・PC1台、自由で身軽な生活を送っている。当サイト運営者。

プロフィールの詳細

夢や目標を達成したいけど、どうしたらいいの?

毎日、目標や夢を紙に書くと実現するって聞いたけど本当かしら?!

これらの疑問や悩みを解消すべく、1日1ページ、毎日紙の手帳に目標を書いたら月利1000万を達成した、私の体験談をご紹介します。

  • なぜ、1日1ページ毎日紙の手帳に目標を書くのか?
  • 紙の手帳に、どんな目標を、どのように書いて実現したのか?

私が参考にしている書籍や、実際の手帳の写真を交えながらご紹介します。

なぜ、1日1ページ毎日紙の手帳に目標を書くのか?

紙の手帳に書くきっかけになったのが、神田昌典さんの『非常識の成功法則』というこちらの本です

紙に書く理由は、神田さんの本によると、「紙に書いたことが実現する」からです。

重要部分を抜粋しましたので、こちらをご紹介しますね。

紙に書けば実現するんだから、しのごの言わずかけ!という事ですね^^

自分も素直に実行した結果、この「紙に書く習慣」が、稼ぐ上で一番効果が大きいと感じ、私の行動のベースになっています。

けいぞう
けいぞう

手帳に書く理由は、1日1回必ず見るもので習慣化しやすいからです。

紙の手帳に、どんな目標を、どのように書いて実現したのか?

使っている手帳は、夢や目標、その日のTODOなどを、図表なども使い自由に書けるように、 1日1ページ自由に書ける手帳にしてます。

年間目標の書き方について

まず、元旦に「過去の自分を超え、家族、両親、兄弟、仲間友達に還元する」という目標を立てて、「心技体」に分けて具体的に紙に書きました。

また、「立てた目標を忘れないために、月1で見返す」という目標を盛り込むのが習慣化のポイント

ちなみに、これを書いた今年元旦の時点では、PPCアフィリエイトは完全に未経験でした。

今年の目標を「過去の自分を超える」と決めたので、SEOの最高確定報酬である910万を超える、「月間確定報酬1000万円達成」を設定

年間カレンダーにも、元旦の時点で、数値目標として、

  • 2月までに黒字化
  • 3月までに月利10万
  • 6月までに月利30万
  • 9月までに月利100万
  • 年内に300万円

と設定。

結果的に、目標設定後6か月で月利1000万超を達成しました。

これが、紙に書くことの威力です。

けいぞう
けいぞう

稼げる根拠は全くなかったですが、素直に、紙に書いただけです。

PPCアフィリで私が実践した内容は『2021最新・PPCアフィリエイト無料動画講座』にまとめています。

【コラム】目標数値の設定方法

私が目標設定する時は、1→3→10→30→100→・・・という感じで「×3」の目標を設定しています。

次のステージに頑張れば手が届くほど良い感じだからですね。

仮にPPC広告で月の利益0だったら、まずは、月1000円の利益を目指し、達成したら月3000円、次は月1万円、次は月3万円・・・とやると良いです。

大きく稼いだ経験がない人が、いきなり、月100万の目標を設定しても、心の声で「無理」となるので達成できません・・・!

これを私は、「お金の器」と呼んでいますが、実現できそうな小さな小さなステップを設定して、1つずつ達成して、「お金の器」を大きくしていくと良いです。

一度お金の器が広がれば、短時間でそこまで到達できるようになります。

心の声が「できるかも」となるからです。

また、目標の中身は、「だれかのためにやる」という風にすると、やる気UPし長続きします。

けいぞう
けいぞう

仮に、失敗しても「あの人のために最善尽くしたんだから、これはこれでいいか」というすがすがしい気持ちになるので、折れずに継続できます。

手帳にどんな事を書くのか

紙に書く具体的なイメージはこんな感じです。

月の始めに月の目標を設定し、週の始めに月の目標を反映させる形での目標を書きます。

そして、週末に1週間の振り返り、月末にその月の振り返りを書きます。

また、週の目標を達成するためのTODOを、1日1ページ、毎日書いていきます。

という目標を立てます。

目標や夢は同じ内容を何度も書いてOKです。

けいぞう
けいぞう

完璧にやろうとすると長続きしないので、まずは3日継続することを目標とし、成功したら10日連続、1か月連続、3か月連続・・・と、小さな成功を作ると良いです。

目標やTODOだけでなく、具体的な記録も書き残す

デイリー最高益を更新した、など特筆すべき事があれば、そういうのも自由に書いていきます。

あとは、TODOでなくても、個別具体的な案件の作業手順なども、思ったことをどんどん記録していくイメージです。

毎週のTODOの振り返りだけでなく、毎月の目標に対して振り返ります。

ここでは、心が動いたこととか、うまくいった事・いかなかった事の想定原因など、どんどん書いていきます。

書いていくことで、頭が整理されて次の効率的な行動に繋がりますね。

「紙に書く」というのは、頭の中で情報が整理されて、初めて書けるものなので、思考の整理に役立ちます。

あとは、新しいアイデアが湧いた時は、瞬時に紙に書きだすように意識してます。

そうすると、思いついたアイデアを実行できる確率が格段に上がり、繰り返すことで、より効率的な実践ができるんですね。

書くことで、物事の白黒がハッキリし、漠然とした不安感が和らぐため、「モヤついて行動できない」という罠から早く抜け出すことができますよ!

まとめ

紙に書くことをまとめると、この通りです。

  • 1年の目標を決めて紙に書く
  • 1ヶ月の目標を決めて紙に書く
  • 1週間の目標を決めて紙に書く
  • 1日の目標を決めて紙に書く
  • 毎日夢を3つ書く
  • 1週間の振り返りを紙に書く
  • 1ヶ月の振り返りを紙に書く
  • 1年の目標を定期的に見直す目標を設定する
  • 気付いたこと、嬉しい事、失敗した事を、つどつど紙に書く
けいぞう
けいぞう

3日坊主も33回続ければ100回やったの同じなので、できなくても、またリセットボタン押して、何度も気軽にやればいいです。

また、手帳もこだわる必要ありません。

形や恰好にとらわれず、実践することを最大目標として、気軽に楽しんでされるのが良いですね。

紙に書く習慣ができると、良いアイデアを瞬時にメモることができ、TODOに落とし込む事ができるので、質の高い行動につながりますね。

けいぞう
けいぞう

自分の場合、1日30分は紙を書く時間に充てています。

週明けや月初で振り返りや目標を立てる時は、1時間以上向き合うこともあります。

紙に書くのは、自分自身とのコミュニケーションになるので、より精度の高い自己管理ができるようになります。

うまく行っていない時は、やる事を1つか2つに絞って、そこを長い時間がかかっても良いので、焦らずゆっくり丁寧に、徹底的に深堀りしていくと良いです。

今回の記事内容、こちらの動画でさらに詳しく解説しておりますので、是非チェックしてみて下さい^^

PPCアフィリ未経験から半年で月利1000万超を達成できたのは「紙に書いた」から。神田昌典さんの非常識の成功法則が凄かった!