PPCアフィリエイトのデメリット5つ&メリット10!2022最新情報を100%体験ベースで!

PPCアフィリエイト
記事を書いている人

金子恵三(かねこけいぞう) 株式会社けいぞう 代表取締役1976年12月生まれ、埼玉育ち。16年間で様々な副業を経験、アフィリエイトが軌道に乗り40歳の誕生日に計画的に独立。現在5期目で無借金・黒字経営。従業員なし・PC1台、自由で身軽な生活を送っている。当サイト運営者。

プロフィールの詳細

PPCアフィリエイトやってみたいけどデメリットが気になりますよね。

そこで今回、100%私の体験ベースで包み隠さず、PPCアフィリエイトの5つのデメリットと10つのメリットを全部公開します。

けいぞう
けいぞう

未経験から参入6か月で1000万円稼いだ私の100%経験ベースで、SEOアフィリエイトと比較しながら詳しくご紹介します。

PPCアフィリエイトの5つのデメリットとは?

1.赤字のリスクがある

PPCアフィリエイトは広告費が発生するので、当然、赤字のリスクがあります。

おそらく、多くのPPCアフィリエイターにとって最大のデメリットだと感じるかもしれません。

しかし、私はメリットでもあると感じています。なぜなら、参入障壁が上がりライバルが減るからです。

実際、未経験であっても半年で月利数百万円の利益獲得の可能性があり、私や私の動画をみて実践した人が実現しています。

一方、『PPCは赤字のリスクがある』と頭でわかっていても、実際に赤字が拡大していくとショックで行動を止めてしまう人も多いです。

SEOなら広告費の赤字リスクが無いので、比較的安定して実践できますが、PPCアフィリエイトの場合、初日から赤字が拡大していく可能性があるので、

  • 『赤字=想定内』と思える心構え
  • 余裕のある広告費の用意
  • 無理のない広告運用(いきなり広範囲・高単価で出稿しない)

などが必要です。

2.より入念なリサーチとテストが必要

PPCアフィリエイトの場合、かけた広告費以上のアフィリ報酬を獲得する必要があり、実際問題、収益性の高いキーワードにライバルが集中する傾向があります。

また、扱う商材が閑散期の場合ライバルも少なくなりますが、関係者や競合アフィリエイターのリサーチ目的で広告流入するケースがあり、『クリックされるが成約しない、ゆえに赤字』という状況に陥りがちです。

結局、収益性の高いキーワードに集中し勝ちな傾向があると、実際にやってみて感じています。

よって、『高収益で競合が少ない』切り口や訴求を見つける事が鍵で、入念なリサーチとテストが求められます。

もちろんSEOでも、収益性の高いキーワードにライバルが集中する傾向がありますが、

  • ロングテールキーワード
  • 収益性のない知識系のキーワード

で、 赤字リスクなく収益化を狙ったり、 上位表示させてアセンスで収益化できるため、比較的ライバルが比較的分散します。

逆に、赤字リスクというプレッシャーもあいまって、リサーチ力が短時間で磨かれるのでSEOよりも実力が付くのが早いです。

また、成功した暁には、短時間で圧倒的な収益獲得の可能性があるので夢があります

3.短絡的思考に陥りがち

PPCアフィリエイトは、ぶっちゃけ、ペラサイト1枚で月利数百万円が狙えるビジネスモデルです。

SEOと比較してやる事も少ないので、稼げてない人を見ると、『短期間でラクに稼げる』という甘い考えで、

  • リサーチが不十分なまま
  • 作り込みが不十分なまま
  • データ分析も改善も不十分なまま

中途半端に形だけ整えて、稼げないといって撤退する人が多いです。

細部までキッチリこだわった取り組み姿勢が必要です。

4.広告のルールが変更されるリスクがある

ヤフーがアフィリエイトNGとなったように、将来、グーグルもそうなってしまうリスクがあります。

ただ、どんなビジネスにも不確実性はあるので、これはPPCアフィリエイトに限りません。

グーグルの担当者と先日話した感じでは、「アフィリサイト全然大丈夫ですよ」と言ってましたが、あくまで担当レベルなので、参考程度です。

実は数年前までは、グーグルリスティング広告は、アフィリサイトNGの風潮があったのですが、記事執筆現在、だいぶ緩くなっています。

5.コンテンツガイドラインのハードルが高い

グーグル広告は、コンテンツ制作のガイドライン上、絞込検索を付ける必要があります。

これを実装するために、開発会社に発注すると10~30万くらいかかります。(私も実際に見積とったことがあります)

記事執筆現在、絞込検索機能をつけなくても、実は、広告は承認され、問題なく出稿できるパターンが多いです。

しかし、グーグルがルール変更し、ある日突然、絞込検索機能が必須になる可能性もあります。

PPCアフィリエイト専用のワードプレステンプレート「ウラオモテ」なら、 その不安を解消できます。

ワードプレスの管理画面から、簡単な操作で本格的な絞込検索機能を実装できるのです。

けいぞう
けいぞう

私も、PPCアフィリエイトをするときは、ウラオモテのテンプレートを使ってきます。

直感的に操作できる上に綺麗にサイト構築できる独自のブロックエディターも充実しており、当サイトでも、このテンプレートを採用しています。

PPCアフィリエイトのデメリットを回避するには?

ネットの表面的な情報を断片的に集めて、見よう見まねでやるのは、これらのデメリットがあるためSEOよりも危険です。

ベストなのは、一貫性のある体系的にまとまった情報を、しっかりお金を投資して学ぶと良いです。

なぜなら、良質な情報が得られる上、お金を払っているので、無料情報で学ぶよりも、圧倒的に『コミット力』が違うため、結果的に稼げる可能性が高くなるからです。

おすすめの有料教材は、『10チャレファクトリー』です。

私自身この教材で、未経験から参入半年で月1000万以上の利益を出せましたので自信をもってお勧めします。

PPCアフィリエイトの10つのメリットとは?

1.強烈なレバレッジで、短時間で大きく稼げる可能性

一度、稼げる形ができれば、大量のお金を突っ込むことで強烈なレバレッジが働き、短時間で大きく稼げる可能性があります。

SEOアフィリエイトは、お金を突っ込む概念がないので、このようなレバレッジは掛けられません。

私は運よく「稼げる教材」に出会い、勝ちパターンを作ることができ、そこに大量の資金を投下した結果参入6か月で月間粗利益1000万円を稼ぐ事ができました。

2.成果を出すのが速い

「お金で時間を買う」感覚に近く、慣れてくれば、参入したその日に収益を出すことも可能です。

SEOアフィリエイトの場合、収益化まで半年から1年、下手したら2年かかりますが、それと比べて圧倒的に早いです。

2.ペラページ(1ページ)で稼げる

PPCアフィリなら、ペラページで稼げます。

SEOアフィリエイトの場合、最低でも数十ページ、多い場合は数百から数千ページの制作が必要でしたが、それがありません。

私が今までずーっとやってきたSEOアフィリのサイト制作と比較して、あまりの簡単さに軽いショックを覚えましたw

3.扱う商品を自由に選べる

これはPPC,SEOに関係なくアフィリエイトの最大のメリットです。

例えば、扱っているアフィリ案件が稼げなくなったとしても、別のネット通販やオンラインサービスのアフィリ案件に切り替えて、取り組めるので、環境変化に対応しながら稼げます。

5.グーグル検索エンジンのアルゴリズム変動やペナルティのリスクが少ない

PPCアフィリの場合、グーグルにお金を支払っている分、SEOと比較してアルゴリズムの変動リスクやペナルティリスクが少なく安定しています。

SEOアフィリの場合、グーグルにお金を払わない分、グーグルも容赦なくルールを変更してくるので、常に、売上壊滅の不安が付きまといます。

6.運用を自動化できる

グーグル広告にはAIによる運用自動化機能があります。

一度、稼げる形を作ってしまえば、あとはお金だけ突っ込んでおけば、グーグルが勝手に運用して、勝手に利益を作ってくれる事も可能です。

また、広告費を投下してグーグル広告に出稿データを蓄積することで、機械学習の精度が上がります。

ただ、私自身の経験では手動運用のほうがパフォーマンスが高かった事もあり、現状ケースバイケースです。

7.記事の横展開ができる

PPCアフィリエイトの場合、前に作ったアフィリエイトサイトを横展開(構成や表現を基本同じにして、扱う商品に合わせて整合を取るだけ)でも、掲載順位に影響しません。

つまり、一度勝ちパターンを作ることができれば、後はひたすらコピペに近い感覚で量産できる訳です。

※ジャンルや案件、制作したサイトの内容によっては異なる場合もあります

一方、SEOの場合、同じ記事を複数流用すると「重複コンテンツ」と見なされて、掲載順位が落ちるケースがあります。

8.高い特別単価が出る

基本的にPPCアフィリエイトのほうが、SEOアフィリエイトよりも、さらに上位に掲載表示でき、成果獲得数が多くなる分、アフィリエイトの報酬単価も高くなる傾向があります。

広告主にとってPPCアフィリエイトの方が、売上が高くなるので、より高い特別単価を提供することが可能で、SEOよりも高い特別単価が提示されることが多いです。

実際に私の経験でも、とあるコスメ案件で、SEOの報酬が特別単価で1件3800円でしたが、PPCの場合、まったく同じ案件なのに特別単価で1件8000円というケースもありました。

9.全承認の保証がある

PPCアフィリエイトの場合、「承認率100%」が多いです。

「承認率」とは、 成果発生数のうち承認される割合です。

見込客が購入した瞬間に「成果が発生」しますが、その見込客が後日キャンセルすると「否承認」となり、発生した成果が却下される事があります。

PPCアフィリエイトは、常に広告費が発生し赤字リスクがあることから、収支予測・収支計算を分かりやすくする必要があり、「全承認保証」の案件が多いです。

10.広告掲載位置をある程度、コントロールできる

PPCアフィリエイトの場合、高い広告費を払うことで、より上位に掲載させることができるため、ある程度、掲載位置のコントロールが可能です。

SEOの場合、上位表示させるためには、記事の中身や他サイトからの被リンクの質などにより、そのロジックは200以上の項目から総合判断されるため、SEOアフィリでは掲載位置のコントロールが難しいです。

そして、徐々に収益率が高まる仕様になっているため、出稿し始めは赤字のリスクが高いです。

信頼性の高いノウハウと実践環境を手に入れて、しっかり準備した上で、取り組んだ方が安心・確実です。

PPCアフィリエイトを無料で学ぶなら、私のPPCアフィリエイト無料動画講座をおすすめします。

実際に、この無料動画講座で利益を獲得した人も沢山おりますので、PPCアフィリエイトにご興味があれば、まずはこちらで学んでみて下さい。